救い主・依田君美様 終戦後

0

     

    「依田君美常設展」

     

    終戦後は山梨に帰りますが、職がないため生計を立てるために

    担ぎ屋(地方から反物や魚などを仕入れてきて売り歩く仕事)をしたりビスケットを焼きました。

     

    宮城から魚を仕入れて、金子峠(きんすとうげ)を上り上帯那町に持っていきましたが

    前日に別の人が来て売っていたため売れませんでした。

     

    それを故郷の柳川に持っていき知り合いに配ったところ

    代わりに米や豆などをくれたというエピソードがあります。

     

     

    写真はイメージとして弥勒館近くの金子峠と等身大パネルの救い主・依田君美様です。

    こちらの等身大パネルは2016年の生誕100周年企画用で使用された物です。

    等身大パネルの写真は※東洋館にて撮影日1995年7月31日

    ※富士山の7合目(海抜約3,000m)にある山小屋

     

     

    こちらの記事をご覧になられた方へ

    ブログ向上のためよろしければ下記のアドレスをクリックして

    簡単な質問にお答えください。

     

    http://goo.gl/forms/Bgk5atY2nVdcCx7g2



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    map

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:168 最後に更新した日:2019/11/11

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM